【育成17】M子の恋人

M子「電話で伝えた通り……」

M子「えへへ/// 彼氏ができちゃいました」

ヒロ「唐突すぎじゃない!? 何がどうなってそんな流れに!?」

M子「ナ、ナニが……って、そそそ、そんな、ヒ、ヒロくんったら///」

ヒロ「無意味に下ネタに持っていかなくていいよ! そういう展開いらないから!!」

M子「てへぺろりん☆」

ヒロ「張り倒したいくらいに鬱陶しい!!

ヒロ「(ぜえぜえ)……で、その肝心の彼氏ってどこにいるの」

M子「? どこ、って……ずっと、ヒロくんの前にいるわよ」

ヒロ「は!?」

クメ「初めまして(フラワ~※効果音)」

ヒロ「ど、どこからともなく、耳に心地良い声が……ひっ! 気持ち悪い気配がうっすらと――――――」

M子「紹介するわね。私の妄想から生まれたクメさん。クズダメのハイブリッドだから、《クメ》さん。CVは井上さんよん」

クメ「よろしく。僕はイケメンだよ(ビューティフル~※効果音)」

ヒロ「姉ちゃんの妄想かよ! しかもクズでダメ男なのかよ! っていうか『ダメ男=井上さんボイス』の考え方はいつかファンの方々に絞め殺されるからやめろって前から……点線のくせにイケメンとか言ってんじゃねえよ!

km

クメ「ふふ。お姉ちゃんを取られちゃって、悲しいみたいだね(アテズッポウ~※効果音)」

ヒロ「え? は?」

クメ「ごめんね。だけど、M子ちゃんは、もう僕のものだ。(ファサ~※効果音)」

M子「クっ、クメさんったら……っっ/////////(悶えてゴロンゴロン)」

ヒロ「………………。」

ヒロ「この一連の流れは、全て、M姉ちゃんの妄想です」

M子「じゃ、ヒロくんにも紹介できたことだし。あたしたちデートに行ってきまぁす」

ヒロ「一連の流れは全て妄想……妄――え? 妄想とデートするの?」

M子「えへへへへへ///」

ヒロ「ちょ、M姉ちゃん、それはまずいでしょ!?」

M子「ふえ? どうして?」

ヒロ「だってさ、クメ……さんは、点線なんだよ!

M子「あたしにはクメさんが見えてるもん。問題ないもん」

ヒロ「いやいや、問題しかないでしょ! そもそもクメさんはM姉ちゃんの妄想で、普通の人には見えないんだよ。この点線だって演出の一環というか……」

M子「???」

ヒロ「…………わかった。オレ、デートについて行く」

M子「えー? どうしたのぉ、突然」

ヒロ「後学のために、デート見学したいなって思って」

ヒロ「(オレが側にいれば、少なくとも、独り言しながら歩いてるようには見えないし。やっぱり、実の姉が奇異の目にさらされるのは、弟としてはちょっと)」

クメ「本当に、弟くんは心配性だなあ(ホホエマ~※効果音)」

クメ「聞いて欲しい。僕は、確かに彼女の妄想だけど、本気なんだ。本気で、M子ちゃんが好きなんだ。彼女がいないと、僕は生きてはいけない!(デッドオアライブ~※効果音)」

ヒロ「あ、うん。黙れよ点線」

M子「クメさん……(感激)」

クメ「M子ちゃん。だから、君の部屋に今夜泊めて欲しい(オネガイ~※効果音)」

ヒロ「だからの使い方が唐突で不自然なんだけど!?」

クメ「勘違いしないでくれ。ヤリたいという気持ちもあるけれど、僕には帰る家がないんだ(セツジツ~※効果音)」

ヒロ「あんたダメ男か! っていうか、危うく聞き流しそうになったけど、あんたクズだろ!!――ああ、くそ、思わず突っ込んじゃった!」

クメ「そう。僕はクズダメハイブリッド(スゴスギ~※効果音)」

ヒロ「うるせえっ! 点線のくせにドヤ顔すんな!」

クメ「M子ちゃん。君を愛してる(クチダケ~※効果音)」

M子「あう。クメしゃん……」

クメ「ずっと、僕の側にいてほしい(パラサイト~※効果音)」

M子「…………そんな。あたしなんかで、本当に、いいのん?(うるうる)」

クメ「君がいいんだ。ところで、僕は不治の病にかかっているのだけれど、治療費に500万ほど貸してくれないかい?(プロミス~※効果音)」

M子「そ、そんな……っ! すぐにヒロくんの口座から引き落として――」

ヒロM姉ちゃん。正座しようか^^



ヤンデレ推進委員会では読者の皆様からの感想、お問い合わせやご要望をお待ちしております。
伝えたいことがありましたら、是非とも下記までお寄せください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ及びご要望

 内容をご確認の上チェックを入れてください(確認ページはございません)


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントを残す