【育成10】ビッグバン・ラブ!

S子「まったくもって不公平ね!」

ヒロ「ど、どうしたの、S姉ちゃん」

S子「なんで、ヤンデレってこうも女の子ばかりなのかしら。かの有名な『ヤンデレ大全』にだって載っている人物の九割が女性なのよ!」

ヒロヤンデレ大全!?」※実在する書籍です。

S子「おかしい、絶対におかしい。なんで女の子だけが病まなければならない!」

S子「ということで、ヒロ! 今日は女性以外のヤンデレを広めるために、素晴らしき先達の魅力を伝えていくわ!!」

ヒロ「せ、せんだつ?」

S子「…………」

S子「一応確認するけど、先達の意味くらい、わかってるわよね、ヒロ?」

ヒロ「え?」

S子「…………」

ヒロ「…………」

S子「ということで、今日はレビューよ!」

ヒロ「華麗にスルー!」

S子「女の子以外のヤンデレといえば、言わなくてももうわかるわよね」

ヒロ「えっと、つまり男の――」

S子ふたなり(両性具有)よ!

ヒロえ、えええええええええええっ!? 何そのすごくマニアックなヤンデレ!?」

S子「マニアックとは失礼な。地上波のゴールデンタイムで放送されていたのに」

ヒロ「全然知らない! 聞いたことないよ、姉ちゃん!」

S子「その名も『遊戯王デュエルモンスターズGX』

ヒロ「……ゆ、遊戯王? って、あのカードゲームの?」

S子「原作は週刊少年ジャンプで連載していた漫画だけど、確かにその遊戯王よ。GXはアニメ化の第二弾ね」

ヒロ「遊戯王でヤンデレ……? イ、イメージが」

S子「あんた、子供向けのアニメだってなめてるでしょ。他にも『カードファイト!! ヴァンガード』や『ファイ・ブレイン』にも、魅力的なヤンデレがいるのよ。ヤンデレの英才教育ね!

ヒロ「日本の将来が本気で心配だよ、オレ!」

S子「ということで、これが今回の主役、ユベル!!」

ナイスボート

S子「!?」

ヒロ「また規制がかかった!?」

ヒロ「あ、姉ちゃん。ヤンデレの神様からメッセージが来てる。『アニメの画像は、著作権他もろもろの事情でアップできません。ごめんね☆』だって」

S子「おのれええええええ、チョサクケンめえええええええええ!!!」

S子「……まあ、チョサクケンはあとでシメるとして!」

S子「大事なのは見た目じゃないわ、中身よ、中身!!」

S子「ユベルはね、ヤンデレとしてはとても王道な子なのよ。以前話したヤンデレのタイプで言えば『世界破滅願望型』ね」

ヒロ「えーっと、それって何だっけ」

S子「要するに、私のヤンデレへの愛を邪魔する世界なんてすべからく滅んでしまえという……」

ヒロ「ひいいいいっ!」

S子「ユベルもそういう子だったのよ。主人公の愛を独占しようと、ちょっと周囲の人間を昏睡状態に陥れただけで宇宙に捨てられて

ヒロ「予想以上に壮大な捨てられ方!?」

S子「そこでユベルはずっと、考え続けるの。どうして捨てられてしまったのか、どうして自分がこんな目に合わなければいけないのか……ただ人を愛した、それだけなのに」

ヒロ「そ、そう聞くとちょっと可哀そうな気もしてきたかも……」

S子「夜な夜な夢を通じて話しかけるも、悪夢と勘違いされてスルー!」

ヒロ「うわ、うわああああ」

S子「ついには記憶から抹消されたあげく、乗っていた人工衛星が事故で大気圏へ墜落!!

ヒロユベルウウウウウウウウウッ!!

ヒロ「それで!? ユベルはどうなっちゃうの!?」

S子「その先はネタバレだから、言えるわけないじゃない」

ヒロ「ここで寸止め!? 鬼、姉ちゃんの鬼っ!」

S子「ただ戦いの果てに、愛する二人で混ざり合う超融合のシーンは、涙無くては見られない屈指の名シーンだと言っておくわ」

ヒロ「まるで意味がわからんぞ!」

ヒロ「でも気になる!! くうううっ!」

S子「私の秘蔵DVDは貸さないわよ。見たいなら、自分で借りてきなさい」

ヒロ「……っ、姉ちゃん! オレ、ちょっとTSU●AYA、行ってくる!」バタバタバタ……

S子「…………」

S子「なんかあの子、本気でヤンデレにハマりかけてない?」←冗談半分で煽っていた人



ヤンデレ推進委員会では読者の皆様からの感想、お問い合わせやご要望をお待ちしております。
伝えたいことがありましたら、是非とも下記までお寄せください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ及びご要望

 内容をご確認の上チェックを入れてください(確認ページはございません)


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントを残す