【育成12】そして何も無くなった……。

S子「鉈がない」

ヒロ「…………」

ヒロえ、鉈!?」

S子「あ、間違えたわ。ネタがない」

ヒロ「…………姉ちゃん。身も蓋もない上に、間違え方ひどいよ!?」

S子「きっとこの前、萌える凶器ランキングを打ち込んでいたせいね」

ヒロ萌える凶器!?

S子「ヤンデレと言えば、包丁とか鉈みたいな刃物がメインだけど、やはり最萌えは鈍器!! ハンマー、鉄パイプ、釘バット、コンクリートブロックうううううううっ! くそ、ヤンデレが泣きながら、コンクリートブロックで何度も頭を殴打してくれたら、それだけで萌え死ねるじゃない!!」

S子「しかも、泣きながらって所がポイントね! 『ごめんなさい』とか『愛してる』とか『捨てないで』とか連呼して、涙と鼻水と血でグシャグシャになってたら、パーフェクトよ!」

ヒロ「…………(絶句)」

S子「どっかに落ちてないかしら、そんなヤンデレ」

S子「(ちらっ)」

ヒロ「…………」

ヒロ「……ハッ! いや、俺はやらないよ!?」

ヒロ(そういや姉ちゃんたちって、俺をヤンデレにしようとしてるんだった! すっかり忘れてたし!)

ヒロ(と、とりあえず話をそらさなきゃ……!)

ヒロ「えーっと――――そ、そうだ! 姉ちゃん、ランキングだよ!」

S子「ランキング?」

ヒロ「とりあえず何かランキング出しておけば、字数稼げるよ!」

S子「……あんたの方が身も蓋もないわね」

S子「うーん。ランキングねえ。そうなると、いかに腸を晒したか競うグロランキ――

ヒロ「頼むから、普通のにしてくださいっ(スライディング土下座!)」

S子「うーむ。仕方ないわね。――じゃあ、ヤンデレと言えばこれかしら」

<ベッドの上で悶絶するほど萌え転がった、病んでるラスト BEST.5>

5位 ヤンデレ天国Black~真誠学園男子寮編~「蜜月と恋着~双の陰処~」(CD)


S子「女子向けヤンデレCDと言えば、HOBiRECORDSのヤンデレ天国(ヘブン)! このシリーズは、主人公に対して二人の違ったタイプのヤンデレから愛されて愛されて――というか愛という名のセクハラを受ける、爆笑必死の胸キュンCDよ!」

S子「男子寮編は、満を持して登場したBL版の第一弾。ごくごく普通の男子高校生だった主人公が、病んだ幼なじみと寮長からの求愛に流され絆され落とされ、ついには、さんピー――むぐぐ」

ヒロ伏せ字を使えええええええっ!

ヒロ「って、あ! これじゃ伏せ字になってない!?」

4位 sweet pool「睦エンド」(ゲーム)


S子「来たわね……Nitro+Chiralの怪作、スイートプール」

ヒロ「へえ、どんなゲーム?」

S子「このゲームを説明するのはすごく難しいわ……。一言で言えばそう」

S子学園妊娠グロBL

ヒロえ、ええええええええええええええっ!?!? な、何それ!?」

ヒロ「ど、どうしよう!? どこから突っ込んでいいのかさっぱりわからない!」

S子「誰にでもお勧めできる作品ではないけれど、個人的にはニトキラで最萌えのゲームよ! 男の妊娠なんていうトンデモ設定の果てにある、切なくも優しいエンドの数々は号泣必死よ! すべからくやるべし!」

3位 CAGE -OPEN-「新田 The Hollowエンド」(ゲーム)


S子「全国のスプラッタグロ愛好家の皆さん、お待たせしました! これでもかという程のグロ、暴力、愛憎と狂気を詰め込んだ、殺伐血みどろBLゲーム、LOVE&DESTROYのCAGEシリーズです!」

ヒロ「すでに怖い!」

S子「だって、この作品のキャッチコピーが『屠殺場で血みどろの愛を謳う』よ! これがたぎらずにいられるかっ!!」

S子「ある日いきなり拉致られた主人公が、廃遊園地で五千万のコインを賭けて争われる謎のゲームに巻き込まれていくスリリングな展開も魅力だけど、笑いあり涙あり萌えあり鬱ありのバランスの取れたシナリオは逸品ね」

S子「このThe Hollowエンドも素晴らしかった……! 何故、長い道のりの果てに結ばれた相手が、振り向いて笑うだけで、こんなにも恐ろしいのかしら!?」

ヒロ「どういうこと!?」

S子「やればわかるわよ。ヒロもあのラストの一文で、ゾッとしてキュンとするといいわ!」

2位 ジェミニー・クリケット事件「英国版ラスト」(小説)


S子「今度はちょっと変わり種。なんと推理小説よ」

S子「あらかじめ言っておくけど、決してピノキヲに出てくるあのコオロギもどきの話ではない!」

ヒロ「いや、誰も間違えないよ!」

S子「人間の嫌な部分を書かせたら右に出る者はいない、英国の女流作家、クリスチアナ=ブランドの傑作ミステリ!!」

S子「密室で殺されていた養父、ジェミニー・クリケットの死の顛末を、主人公は謎の老人に語っていくの。そして、老人の推理は徐々に、事件の真相に迫っていくのだけれど……」

S子「もう、もうね……初めてこの作品を読んだときの衝撃と言ったら、死ぬかと思ったわ。萌えすぎて、息ができなくて、ベッドの上で窒息死しかけたわね」

S子「ただ――いえ、だからこそ、ネタバレは絶対厳禁!!! ネタバレしたヤツは、もれなく私がそいつの人生をラストにしてやるわっ!!!」

ヒロ「姉ちゃん、顔が本気だね……」

S子「ちなみに、この作品はイギリスで発表された英国版と、アメリカで発表された米国版があって、ラストの描き方が全然違うのよ。どちらも甲乙つけがたいくらいだけれど、個人的には毒々しい雰囲気のある英国版を推すわ。でも両方読め!!

1位 咎狗の血「ケイスケBAD」(ゲーム)


S子「……うん、まあ、そうね」

S子「腸を出してくれる素晴らしきエンドです♪」

ヒロ「ひいいいいっ! のっけからネタバレしてるうううううううっっ!!!」

S子「再登場、Nitro+Chiralの記念すべきデビュー作。退廃した都市で繰り広げられる玉座を賭けた死のゲームと、それを巡る欲望に塗れた人間模様……」

S子「なんてのは、おいといて」

ヒロ「おいとくの!?」

S子「この作品は、一もケイスケ、二もケイスケ、三、四もケイスケ、全部ケイスケよ!

S子「ケイスケを語ったら日が暮れてしまうくらい、ヤンデレの中の王、病みキング……けれど、今まで私はあえてこの作品を語るのを避けていたわ」

ヒロ「え、どうして……?」

S子「絶対、M子も語りたがるに決まってるからよ!!」

S子「あのクソニートとだけは未だに分かり合えないわっ! 同じものを好きになるくせに、愛し方も考え方も真反対なのよ! 縛るより縛られたいなんて、信じられない!」

ヒロ(どうかなあ……同族嫌悪な気がしなくもないけど……)

S子「何か言った?」

ヒロ「何も言ってません!」

S子「ということで、今日はこの辺で引き上げてやるわ。M子との全面戦争も近いかも知れないわね」

ヒロ「…………」

ヒロ「…………」

ヒロあれ、オチは!?

注1・このランキングにはヤンデレだけでなく、ヤンデル(病んではいるが、愛が原因ではない人)も含まれています。
注2・ゲーム作品は全て18禁です。



ヤンデレ推進委員会では読者の皆様からの感想、お問い合わせやご要望をお待ちしております。
伝えたいことがありましたら、是非とも下記までお寄せください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ及びご要望

 内容をご確認の上チェックを入れてください(確認ページはございません)


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントを残す