【育成14】全てをさらけ出せ!

S子「例えばヒロは、ヤンデレを布教しようとしたときに、超絶オススメのヤンデレを貸したにも係わらず、相手の反応がイマイチだったこと、あるわよね」

ヒロ「オレ、ヤンデレを布教したことなんてないよ!?」

S子あるわよね?

ヒロ「……うん。もう、何でも良いです」

S子「悲しいことだけれど、人には好みというものがある。自分にとって、どれだけ萌えるキャラでも、好みが合わなければ、哀れヤンデレはただの、二次元の存在に過ぎない」

S子「けれど! 捨てるヤンデレあれば、拾うヤンデレあり!」

S子「私は考えたわ……そんな悲劇を、どうにか未然に防ぐ方法がないかと」

ヒロ「姉ちゃん」

ヒロ「そのことわざ、多分、使い方違うと思う」

S子「(無視)悲劇を避ける方法。それは、相手の好み――性癖を、始めからさらけ出させば良いということよ!」

ヒロ「どうして言い直したの!? 無理矢理下ネタにする必要なんてないからね!」

S子「ということで、S子様お手製、性癖暴露質問コーナー、やってみるが良いわ、ヒロ!!」

質問1「ヤンデレについて、何となくでも知っている」

→YES 質問2へ
→NO  このサイトを最初から読み返しましょう(やり直し)

質問2「ホラーとか怖いのは苦手」

→YES 質問3へ
→NO  質問4へ

質問3「どちらかと言えば、M属性」

→YES あなたは、タイプAです
→NO  質問5へ

質問4「旅行に行くなら、断然海派!」

→YES 質問5へ
→NO  質問6へ

質問5「待ち合わせには、約束の五分前には着いている」

→YES あなたはタイプBです
→NO  質問7へ

質問6「人生で大切なのは、愛よりお金」

→YES 質問7へ
→NO  質問5へ

質問7「虫なんて、全然平気です」

→YES あなたは、タイプCです
→NO  あなたは、タイプBです


ヒロ「あ。オレ、タイプBだ」

S子「さあ、自分のタイプはわかったわね。結果はこれよ!」

タイプA「M子タイプ」

優しいけれど、自己主張があまり得意でないタイプ。ファミレスでメニューを選ぶのに、時間がかかったりしていない? たまには強引になってみるのも、一つの手!
ヤンデレとしては、ただ暴力的だったり、自分勝手なだけなのは苦手。病みの裏に、あなたに対する独占欲や、不器用な愛情が見えたりすると、キュンとできるかも!
*オススメヤンデレ…スミレの蕾、ヴァルキリープロファイル、幽々白書他

タイプB「ヒロタイプ」

とても素直で、真面目な優等生タイプ。でも周りから真面目だねー、って言われると、もやもやした気持ちにならない? もっと自分を解放すると、意外な発見があるかも。
ヤンデレとしては、初心者向けのテンプレートな作品を見て、まずは視野を広げることから初めてみると吉!
*オススメヤンデレ…ヤンデレ天国シリーズ、咎狗の血、ファイ・ブレイン他

タイプC「S子タイプ」

物怖じしない性格で、白黒ハッキリさせたいタイプ。ただし興味がないことに、まったく食指が動かないのは考え物。目の前にある大切なものを見落とさないよう注意して!
ヤンデレとしては、うじうじした悩みなんて吹き飛ばすくらい暴力的な、非日常性の高いものがオススメ!
*オススメヤンデレ…CAGEシリーズ、羊たちの沈黙、スイートプール他


S子「ふう……これで、ヤンデレもオススメしやすくなるってものよ」

ヒロ「……姉ちゃん。ちなみに、これ作るのに、どれくらいかかった?」

S子「丸一日ね!」

ヒロ「その情熱を、もっと健全な何かに向ければ良いのに……!」

S子「失礼な。とても健全な一日じゃない。この質問を作ってなかったら――」

ヒロ「な、なかったら……?(ゴク)」

S子「なかったら……」

ヒロ「なかったら……!?」

S子「あんたの身体のピーを、無理矢理さらけ出させて遊ぶしかないわね」

ヒロそこはさらけ出さないでええええええええっっ!!!



ヤンデレ推進委員会では読者の皆様からの感想、お問い合わせやご要望をお待ちしております。
伝えたいことがありましたら、是非とも下記までお寄せください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ及びご要望

 内容をご確認の上チェックを入れてください(確認ページはございません)


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントを残す