【育成20】ハンバーグに愛を込めて

S子「皆さん、こんにちは。S子です」

S子「今日はちょっと趣向を変えて、お料理講座から行くわね」

S子「ということで、アシスタントのヤンドラさん。今日のメニューは?」

ヤンドラ「ハイ! 本日の一品は『肉汁たっぷりハンバーグ ~媚薬☆劇薬☆睡眠薬 愛のホワイトソースがけ~』なのデス!」

ヒロちょっと待てえええええええっ!!!

S子「何よ。まだ番組始まったばかりじゃない」

ヒロ「姉ちゃん、それ、誰に食べさせるつもりなの!? ねえ、誰に!?」

S子「……あのね、ヒロ。わかりきっていることを説明するのは、時間の無駄だと思わない?」

ヒロ「質問に質問で返さないで!」

ヤンドラ「まあまあ、ヒロくん。落ち着いてクダサイ。こんなくだらないことで、姉弟ゲンカはダメなのデス」

ヒロ「ヤ、ヤンドラさん……」

ヒロ(あれ? この人、意外にまともな考えを――)

ヤンドラ「ワタクシが、他の男に手料理を作ると思て、ビックリしたのデショウ? もう、そんなわけないデスよ。全部ヒロくんのため、愛情とその他諸々を詰め込んで、お作りするのデス!」

ヤンドラポッ//

ヒロ「やっぱり違ったああああ! この子も頭おかしいいいいいいっ!!」

ヒロ「っていうか、諸々って何!? 何が入ってるの!?」

S子「もう、さっきから注文が多いわね。そんなにゴタゴタ言ってると、猫に食わせるわよ」

ヒロ「姉ちゃん、それ違う。注文が多いのは猫の方」

S子「ところで、そんなヒロにレストランのランチを予約しといたのだけれど」

ヒロ「なんで?」

S子「なんでも何も、前言ったじゃない。ヤンドラとデートしてきなさいって」

ヒロ「ああ、そういえば……」

S子「まさか、どこぞの点線彼氏みたく、ファミレスで済ませるわけにもいかないでしょ。ほら、会計はこれで済ませれば良いから」

ヒロは ゴールドカードを ゲットした!


ヒロ「ねねね、姉ちゃん!? このカード、金色なんだけど!?」

S子「ゴールドカードが金色じゃなかったら、それは詐欺ね」

ヒロ「す、すごい!」

ヒロ「……何がすごいって、そこまでして実の弟をデートさせるその執念がすごいんだよ、S姉ちゃん……!」

銀座の高級フレンチレストラン 着


ヒロ「う、うわあ」

ヤンドラ「すごくキラキラなのデス……!」

ヒロ(ど、どうしよう。勢いに押されて来ちゃったけど、そう言えば、こんな風に女の子をエスコートなんかしたことないよ)

ヒロ(しかも、いつの間にかS姉ちゃん、いなくなってるし! うああ、どうしよおお!)

ヤンドラ「あ、あのデスね、ヒロくん」

ヒロ「え、な、何デスか? って、口調移っちゃったよ」

ヤンドラ「ワタクシ、こういうお店は初めてなのデス。フフ、ちょと緊張しマスね」

ヤンドラにっこり

ヒロ「か、可愛い……!」

ヒロ「これでヤンデレじゃなきゃ、本当に可愛いのに! チクショウ!」

ヤンドラ「? 何か言いマシタか?」

ヒロ「い、いえ。えっと、じゃあ、その、座ろうか」

十分後


S子「――お待たせ致しました。合鴨とネギのロースト、通称カモネギでございます」

ヤンドラ「ウェイターさん、ありがとうデス。とっても美味しそうなのデス!」

ヒロ「カモネギ……?」

ヤンドラ「ワタクシ、こんなご馳走、生まれて初めてデス……!」

ヒロ「そ、そうだね。オレも、こんなお店で食べるの、初めてだよ」

ヤンドラ「お店もそうデスが、お肉を食べるのも、久しぶりでシテ……」

ヒロ「え? 肉も?」

ヤンドラ「ヤミスキー一族には、基本的に、自分で仕留めたエモノ以外は食してはならないという掟があるのデス。おごりは別デスが」

ヒロ「まさかの狩猟民族!」

ヤンドラ「愛とは狩るか、狩られるか! なのデスよ、ヒロくん!」

ヒロ「ワ、ワイルドだね!」

ヤンドラ「なので、ちょっと狩られてみマセンか、ヒロくん?」

ヤンドラスチャ☆ ←なんか包丁的なものを構える音

ヒロ「それ、たぶん狩られたら死ぬやつだよね!? 一狩り行こうよ、みたいな軽いノリで言うの、やめようよ!!」

ヤンドラ「軽いのがダメなのデスか? では、まず結婚して、行方不明になっても誰にも気づかれない状態に持ち込んでから、地下牢に監禁して、ワタクシ以外のこのなんて考えられないようにした上で、毎日ピーして×××してメメタァして、髪の毛一本残さず愛しきるので、とりあえず結婚してくだサイ!」

ヒロ重いいいいいいいっ! 色々重いいいいいいいいっ!

ヤンドラ「……そうデスか。残念デス。ではまたの機会に……」

ヒロ「またの機会なんてないからね!」

十五分後


S子「お待たせ致しました。本日のメインディッシュでございます」

ヤンドラ「わあ、とっても美味しそうなハンバーグなのデス!」

ヒロ「え? フランス料理でハンバーグ?」

S子「いえ、こちらはハンバーグではなく、ステックアッシェでございます」

ヒロステックアッシェ?

S子「はい。そもそもハンバーグとは、ドイツのハンブルグ地方で食べられていたステーキのことを指します。フランスでも、それと類似した挽肉料理がありまして、それがこのステックアッシェ。中につなぎを使用しておりませんので、肉汁たっぷりのジューシーなお味となっております。どうぞ、熱い内にお召し上がりください」

ヒロ「へ、へえ」

ヒロ(そうなんだ。どう見ても、ハンバーグなんだけど。しかもホワイトソースかかってるし……)

ヤンドラ「ヒロくん、ヒロくん」

ヒロ「ん?」

ヤンドラ「はい、アーン♪」

ヒロ「ふぐぇっ!!?」

ヒロ「ちょ、ちょっと、どうしたの、ヤンドラさん!」

ヤンドラ「ワタクシ、日本のこと、勉強しマシタ! 恋人がデートする時は、アーンなるものをするのデス!」

ヒロ「た、確かにそうかもしれないけど」

ヤンドラ「ウェイターさんも言ってマシタ。さあ、熱いうちに食べるのデス!」

ヒロ「ひ、ひええ」

ヒロ(こ、これが世に言うアーン……! た、食べていいのか? いいよね? いいともー!)

ヒロ「い、いただきま」

S子「……よしっ(ぼそっ)

ヒロ「え?」

ヒロ「ウェイターさん、今、よしって言いませんでした?」

S子「何のことでしょう?」

ヒロ「っていうか、ウェイターさん、よく見たらウチの姉に似てませんか?」

S子「はて。S子なる人物など、存じませんが。ゴホッ、ゴホッ」

ヒロ「やっぱり、姉ちゃんじゃないかーーーーーーーー!!」

S子「チッ。失敗したわ」

ヒロ「あ、危ないところだった……! やっぱり、これ、例のハンバーグだよね!?」

S子「邪魔してすまないわね、ヤンドラ。でも、だまし討ちはよくないわ」

ヒロ「S姉ちゃん……?」

S子「こういうのは泣いて嫌がる相手に無理矢理ねじこんでなんぼだと思うのよ。ヤンデレとしては、譲れないわ」

ヤンドラ「わかりマシタ、お姉様! それがヤンデレの使命なら、頑張りマス!」

ヒロ「違うよね! それ、別にヤンデレじゃないよね!? S姉ちゃんの趣味だよね!?」

S子「ほら、ヒロ。口を開けなさい」

ヤンドラ「はい、ヒロくん。アーン♪」

ヒロ「わかってた! この展開はわかってた! けど、誰か助けてえええっっ!!!



ヤンデレ推進委員会では読者の皆様からの感想、お問い合わせやご要望をお待ちしております。
伝えたいことがありましたら、是非とも下記までお寄せください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ及びご要望

 内容をご確認の上チェックを入れてください(確認ページはございません)


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントを残す